AGAの治療はどういうところに通えば良いの?

薄毛治療ができるクリニック

AGAは、男性で悩んでいる人が多く存在する病気の一種ですが、治療をしたいと思った時にはどこに行けば良いのでしょうか。

場所としてあげるなら、やはりクリニックが挙げられます。最近では、AGA治療を専門で行っているクリニックも増えてきており、植毛手術を行ったり、育毛剤や発毛剤といった薬品を処方することがあります。この施設の特徴として挙げられるのは、施設でも改善することができますし、自宅でも改善することができるといったことでしょう。

次に、皮膚科や薄毛治療の専門施設が挙げられます。皮膚科に関しては、なぜ薄毛になっているかということを検査することによって、調べていき、毛根の状態によって行うことが変わってきますから、少し料金が高くなってしまいます。

しかし、薄毛を専門に改善している場所に関しては、AGA以外にも行っているということもあって、かなり注目されています。料金は場所によって変わってくるのですが、クリニックの方が少し安い印象があります。

ミノキシジルの働きについて

AGA治療を行うときは、クリニックや病院などで治療することになるのですが、頭皮の状態に合わせて治療を行っていきます。

その中でも育毛剤を使用して行う治療は、非常に安い治療費で行うことができますから、安心して行うことができますよ。服用する育毛剤として名高いのがミノキシジルというものです。

ミノキシジルの便利な点といえば、やはり薬局などでカンタンに購入することができるということでしょう。気軽に購入することができる育毛剤として注目されているわけですが、肝心の働きはというとかなり効果があります。

ミノキシジルの働きは、元々高血圧を改善するために販売されていた薬であり、発毛効果が期待できるということから改良されて発毛剤になったのです。そのために、血流を良くするという効果があり、育毛にとってはかなり重要な成分が配合しているということもあって、非常にオススメです。

しかし、男性ホルモンを分泌させるために、多毛症のリスクも考えられることも覚えておきましょう。

女性の薄毛と男性の薄毛は仕組みが違う?

男性の薄毛は、ジヒドロテストステロンが大きく影響しています。ジヒドロテストステロンが髪の成長を抑制してしまい、薄毛や抜け毛に繋がります。

喫煙や射精によってジヒドロテストステロンが増えてしまうので、禁煙に取り組んだり過度の射精を控えることが大切です。

一方、女性の薄毛は様々な原因があります。

まず出産後ですが、女性ホルモンの分泌が一時的になくなるので髪が抜けるなどのトラブルが発生しますが永久的なものではありません。

女性は髪を縛ったりするので、それが頭皮へのストレスとなってトラブルになる場合も多いです。長年髪が引っ張られるようなヘアスタイルにしていると、その部分の血行が悪くなり髪の発育に悪影響を及ぼすのです。

シャンプーなどの洗い残しもトラブルの原因です。一般的に男性より髪が長いので、物理的にすすぎに時間がかかってしまうものです。

ここで、時間がかかってしまうからと言って十分にすすがないと頭皮に炎症が起こります。

このように、男性と女性では薄毛になってしまう原因が異なりますが、今は女性向けの薄毛治療も行うクリニックが増えてきましたので、心配なら一度相談してみることをおすすめします。

AGAは治るものなの?

AGAは、日本人男性は悩みを抱える人が多い病気であり、最近では女性でも発症してしまうということもあって、注意しなければなりません。

円形脱毛症の略称なのですが、一度発症してしまうと治すことができないという認識があるために、不安に思っている人も多く存在するのです。しかし、治療をすることによって改善することができます。

完治までには時間がかかってしまいますが、クリニックや病院で行っている手術を受けたり、育毛剤や発毛剤などを使用して治療を行っていくことによって、確実に完治への階段を登ることができるのです。

クリニックで行っている治療の進め方は、まず頭皮の検査を行っていきます。そして、どういった状態にあるかということを把握することによって治療していくわけですが、完治するためにはかなり重要になってくることです。

AGAは人によって原因が違ってきますから、その原因を解明して治療を行っていくわけです。

薄毛対策に効果がある食べ物と栄養素

薄毛対策として、髪に良い食べ物を摂りたいと思っている方もいるのではないでしょうか?

髪の生成には、たんぱく質が不可欠です。また他にも、亜鉛やミネラル、各種ビタミンなどは健康な髪を作るのに欠かせません。

たんぱく質が豊富に含まれている食べ物として挙げられるのが、大豆製品である豆腐や納豆です。良質なたんぱく質が含まれている他に、大豆イソフラボンも摂取出来るので、薄毛予防以外にもコレステロール抑制などに良いと言われています。

大豆製品以外にも卵やササミなどに多く含まれるたんぱく質ですが、たんぱく質だけではなく、様々な栄養素を少しずつ取り入れる事が大切です。牡蠣やレバー、からすみなどに多く含まれている亜鉛は、髪質を丈夫なものにしてくれると言われています。

免疫力を高める効果もあると言われているので、積極的に摂るようにするといいでしょう。

他にも、野菜や炭水化物などを摂ってバランスの良い食事をする事が必要ですが、喫煙や夜更かしなどを続けると髪にはあまり良くないので、食べ物だけではなく生活習慣も平行して見直す事も大切だとされています。

AGAの予兆ってある?

多くの男性を悩ませているAGAですが、これは若いころから抜け毛が増え、頭頂部やおでこの生え際がどんどん後退していく症状がみられます。

放っておくと、早い人で20代前半でも薄毛が目立ってしまいます。

AGAの症状が現れるのには、それなりの予兆があります。目に見えてわかりやすいのは、抜け毛の明らかな増加です。

人間は1日に70本から100本程度髪が生え変わると言われており、抜け毛があること自体は不思議なことではありません。しかし、シャンプーをしたときに異常に髪が抜ける、枕元に抜け毛が目立つといったケースがある場合、注意する必要があるでしょう。

また、一般的に頭皮が硬くなると言われています。AGAに限った話ではありませんが、薄毛の場合頭皮の環境が正常でない場合が多いため、必然的に頭皮が硬くなったり、頭皮全体が脂っぽくなることがあります。

シャンプーをしていて頭皮の変化に気づいたとき、それは薄毛のサインかもしれません。ですので、日ごろから頭皮環境には注意を向ける必要があります。

AGAは遺伝する?

AGAは、確かに遺伝します。親から伝わるという話は良く聞きますが、これは本当で、特に母方の影響が強いようです。

人には染色体と言うものが有り、AGAは性染色体の「X」の異常により伝わって行きます。しかし、一つでも正常な「X」があれば阻止する事が出来ます。

父親は「XY」を、母親は「XX」を子供に受け継ぐ為母方の遺伝子が強く影響を及ぼす事になるのです。しかし、性染色体の力が弱かったり、途中で邪魔するものがあれば発症しない可能性も有ります。

男性より女性の方がAGAになりにくいと言われているのは、女性ホルモンが抑制する働きを持っているからです。また男性が一つしか持っていない「X」を二つ持っている為、片方が異常でももう片方が正常である確率が有るので結果なりにくくなります。

その他にも、食生活、生活習慣、喫煙状況など後天的な物も大きく作用してきます。遺伝は防げませんが日頃の不摂生は改善して行けます。

生活の中で少し気にかけて予防をしてみては如何でしょうか。